2012年4月20日金曜日

耳型編ファイナル? + XBA-1SLの解体

前の記事で
樹脂に代わってシリコンで作製出来ないか実験中です
と言いました
結果としてこれは失敗でした・・・

私が行った方法は、シリコン雌型に離型剤を塗った上にシリコーンシーラントを詰めていくものでした
本来の用途とは全く異なる使用法ですから、そんなに期待していなかったとはいえ
雌型大破なんて予想してません笑

気を取り直して、先日作製したレジンから耳型を作り直す事にしました
某掲示板のスレッドより、数周り大きくしないと密閉感が得られない、との情報を仕入れたので
レジン(前回の水色)にパテを盛って削って・・・



こうなりました

元の形から比べると、耳穴に入る部分がかなり太くなってます

これを元に雌型を作って、レジンを流してくりぬいて・・・


というのが現在の計画です

上手くいくと良いなぁ





さて、話は変わりますがまずはコチラの写真をどうぞ笑

これは以前にもチラっと載せたXBA-1SLです

と言っても解体中の写真ですね

実は本ブログへのアクセス解析を見ていたら、このXBA-1SLの解体情報を求めていらっしゃる方がいたので

どうせなら載せよう、という事なんです

ちなみにドライバには「・・NY ・・432」と書いてありました(・・の部分は見えず)

文字を正面にして下の端子がGNDでした

ちなみにドライバは黒と透明のプラスチック部品の中に接着剤でとまってます

殻割の際はこのプラ部品がガードになるのでガシガシ行って良いんじゃないでしょうか


他にも解体したイヤホンは多いので、そのうちまとめたいと思ってます

0 件のコメント:

コメントを投稿